スタッフブログ

吉井タオルからのお知らせ

今治タオル産地の話題

更新日:2014.02.22

今治タオル産地では、糸の染晒しをする前の、糸を巻く工程のキャパが不足しています。
昨年夏電気料金が大幅にアップされたのを機に、引退廃業される方が増えたためです。
このキャパ不足を解消するためには、糸を巻く工程の、工賃の見直しが必要となります。
が、この見直しが業界全体でスムーズに進まず、工賃の見直しに暫く時間がかかります。
よって、3月中旬から4月中旬に向けて、売れ筋中心に、納期遅れの商品が増えてきます。
タオルを買う予定のある方は、早めにお気にいりのタオルを揃えられるのが良いでしょう。
吉井タオル/ユースオリジナルタオルは、欠品起こらぬよう、鋭意生産加工しています!?

Page top

コメントを残す